「予算がない」という欺瞞を超えて

2016年もあと僅かですね。

光陰矢の如し、で、刻一刻と時間は待ってくれません。

今年一年を振り返ると、1年前と思うと、大変なこともあるけれど、ずいぶん楽しい日々を送らせていただいているとも思います。

10年前に戻ってみたいという思いもあるけれど、人生の中でいつが良かったか?と問われると、結構、今が一番楽しいんですね。

 

時間は状況に少なからず変化を与えてくれます。そして、人も少なからず変化していきます。

私も少なからず変化があるように思います。

 

振り返ると5年前の2011年には「東日本大震災」がありました。

もう5年も経過しています。

私は、その2011年の11月一杯である地方自治体を退職しました。

震災の影響もあるかもしれませんが、それ以上に、ここでは深く述べることはしませんが、当時の市長とともに進めていたプロジェクトが頓挫したことが大きな要因です。

そこで、地域や組織にいることが、耐えられなくなったのです。

当時の市長は、その年の翌年、大変惜しくも、ご病気で亡くなられました。

 

私は地方自治体で構成する広域観光推進の協議会(外郭団体)で2年半、その後ある自治体の商工観光課で4年弱と、観光行政や地域振興に長く携わらせていただく機会をいただきました。

そして、今でも当時学習させていただいたこと、行政的(公益的)なメンタリティ、信念(思い)が深く刻まれています。

赤子の魂が百までと言われるように、ファーストキャリアで培ったものは、どうやら心身に染み付いてしまっているようです。

もちろん、そこでこの方法では「ダメだ」と思えた気づきや、検証して改善や放棄をすべきと考えたことについては、今になってはより冷静に振り返ることができると思っています。

 

実は、当時、直属の上司(すなわち当時の係長)を飛び越して市長とプロジェクトを進めることになったのにも理由があります。

理由は簡単。そのメンタリティや仕事のやり方、理解や視野の度合いが違うと実感していたからです。

さらに、新しい要素を学習し、地域にとってより有益な方策を考え、挑戦しないというのが特徴でした。

その言い訳は色々とありますが、その一つが「予算がない」。

きっと、様々な自治体の現場で飛び交っていることでしょう!

こんなことばかりやっていても仕方がない、仕事をまともにやるとしたらスケールも含め意義あることをやらなければと、市長に直接の直談判。メール、そして廊下でのエレベーターピッチ。。。笑

 

「予算がない」

今思うと、この言葉がどれだけ欺瞞に満ちているかを力を込めて話すことができます。

なぜなら、すでにそこに予算が付いているからです。

そこで労働している時点で、被雇用者である当事者に手足、そして頭が生み出す価値というもの(の期待値あるいは貢献価値・労働価値)に対し、対価としての貨幣が支払われている訳です。

創造性を発揮すれば、またその創造性を背景にトライ&エラーや様々な試行錯誤、折衝を繰り返す中で世にとって有益な、あるいは納税者にとって必要な、事業なり施策なり、あるいはもう少し小さなアクションなりが導きだせるはずなのです。

そのブラッシュアップが集積された時に、あるいはそれが形をみせ始めた時に、そして有益性を見せることができた時に、必要なリソースは集まってくるのではないでしょうか?

あるいはそうなるべく集めるということなのではないでしょうか?

資源は、内部、財政のさじ加減だけに存在している訳ではないのです。

ここで、まず3流と2流以上とを分けると言えるような気がします。

 

今、私に担保された人件費はありません。

しかし、それは私の決断ですし、それだから「予算がない」とは言えません。

知恵を絞り、行動し、トライ&エラーをし、顧客にとって価値あること、関わる人々にとって価値あること、支えてくださる方に良かったと思っていただけること、そして社会にとって有益なこと。

それをただ追求し、自らが成長していくだけなのです。

 

幸いなことに、今、私が関わっている関係の皆さんは、こう言った欺瞞のない方ばかりです。

限られた資源や環境、状況の中でいかに現状を打破し、有益な結果を導き出すか?

そんなメンタリティで動いている方々が多いです。

物事を進めていくとき、動くとき、やはり人のつながりが大切であると改めて感じる今日この頃です。

欺瞞を超え、熱意ある、あるいは味のある、多様な人とともに、響き合いながら歩んでいくことに意義を感じ、自らの役割を発揮していきたいと感じています。

2017年、そんな関わりの中から、面白い結果が一つづつ現れていく予感がしています。

今から非常に楽しみです。

〔文責:宮田久司〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA