地方創生にこそ「量」ではなく「質」を

今回は、最近少しずつ思っている「ソーシャル・イン」の考え方を含めて、地方こそ「量」ではなく「質」を考えるべきとの持論を述べたいと思います。

 

最近の地方の施策として良く上がる共通のテーマとして「企業誘致」「観光誘客」「移住定住促進」の三つは、本当にどこに行っても聞かれます。

少し古い話でいうと地域間競争という言葉もありましたが、観光誘客の外国人観光客以外は、基本的には人口減少の過程で減っていくパイに対して、奪い合うという構造が生まれてくることが必至です。

 

しかし、よくよく考えると短期的に企業誘致に成功したとしても、移住定住の誘致に成功したとしても、これはあくまで部分最適の話で、移転した元の地域や移住定住の元の地域にとっては痛手であるということが言えるのではないかと思います。

この点だけ見ると、あくまで先のテーマとその積極的な推進が導くものは「部分最適」としての結果ということになるのではないか?
ということが、疑問点として残ります。

そこに、生活者にとっての短期的なベネフィットと合わせ、人類にとっての長期的なメリットという視点も含めて考慮していくことが必要になると思います。

 

私の取り組んでいる「食」や「お酒」に関しても関連してきますが、例えば「美食」を考えた場合、当然のことながらその食べるシーンや調理の技術ということが必要なのはさることながら、その背後で成立要件となる「食材」の多様性や安全性というものは必至となります。

その食材の多様性を支えるのが、気候や土壌、そして生産者のクラフツマンシップに根ざした「郷土性の保全」ということになります。

そして、その郷土性の中には生業の中に培われてきた自然の保全に対する産業や文化面からの慣習や、その土地ならではの食文化によって培われた食材や調理方法なども存在します。

また、娯楽や宗教的慣習や感性、思想なども存在しているでしょう。

そのような「文化的多様性」が保たれていることが、結果として人々の生活における「文化的豊かさ」を構成し、人々にとっての「価値」へと反映されていくのだと考えます。

 

ここで考えるのは、そのような人々の「文化的豊かさ」へと結びつけるための要素についてしっかりと吟味し、現存している資源をしっかりと認識し、現代的な価値へと見える化させ、それを現代の貨幣経済の循環システムの中に反映させて価値付けし、産業化させることも一つの選択肢として考慮し、「郷土性の保全」へと結びつけていくという考えが必要なのではないかと思うのです。

そして、地方においてはそれを支えるための視点や施策のほか、価値付けを促すツール、人々の感性への啓発などを行い、人々の持続可能な豊かさの実現に対し、意義ある提案と実践をしていくということが大切であると考えます。

 

それは、単に人や企業を呼び込むという単純な数を追う「量」(に対するパイの奪いあい)の理論ではなく、人類の豊かさに資するシステムを提案し、それを具現化させることで個々人の幸福にアプローチしていく「質」(の共同創造)の理論になってくるのではないかと思います。

そして、「質」を追った結果としてまず住んでいる住民が心身とも豊かさを実感することにつながり、場合によっては数値としても人や企業が移ってくるということもあるとは思います。

しかしながら、やはり重要なのは数(すなわち「量」)が減っても「質」は向上し保たれるというモデルをどう共同創造していくか、ということなのかなと思います。

 

地域間競争を促し、勝ち組と負け組みを分けるのではなく、どう人口減少や過疎化が進む中で住民の豊かさを高め、質の高い暮らしを現代の経済的環境の中で(あるいはそこから先を創造し)実現していくかの方が問われているのだと強く感じます。

そして、その価値評価(evaluation / valuation)の方法論についても重要になってきます。

ということは、その価値評価を支える基礎的な考え方を一層整理し、明確にし、世に問うていくことも重要になります。

 

「地方創生」には、そのような観点からしっかり肝に銘じ、知恵を絞り、ともに創造していくことが重要であると私は考えます。

そして、私自身もその応えを見出すべく、探求と実践を重ねていく次第です。

 

【文責:宮田久司】